ブログ

草木染め手ぬぐい完成!ものづくりのワクワク体験から学ぶことは多かった。

染め物を説明するなりとみさん

成冨おばあちゃんとの草木染めワークショップ、ゆったりと染め上がる時間を楽しみました!

同じ玉ねぎの皮で煮出した染料で染めたのに、濃かったり、薄かったり、ムラができていたり、思いがけない模様になっていたり、どれも同じものが無い!

どのくらいの玉ねぎの皮を使ったかと言うと、大きなお鍋にたっぷり!これを、ザルにこして茶色の染料ができました。

模様をつける作業が楽しかった!変な形!ここからどんな模様ができるかな。。

縛ったり、挟んだりの後は、タンパク質液に浸けて20分コトコト、

まだまだ透明な液体ですね。20分経ったら「一旦、洗いまーす!」

一度洗った布を染料へ入れてコトコト、、、布をしっかり漬け込むために、菜ばしでツンツン。混ぜ混ぜまぜ、、、

待っている待っている時間は自由じかん!

お菓子を食べたり、おしゃべり、ピアノを弾いたり、窓に落書きしてみたり楽しくのんびり過ごします。

20分くらいコトコトして、先生に見てもらい、

「そろそろいいんじゃないかなぁ?」

成冨先生「よし、OK」

布を洗いながら、ビー玉や板を外していきます。どんな柄になっているか、どんな色に染まっているかドキドキの瞬間でした!

そしてそして〜板やビー玉を外したら…いろんな柄が出てきました!

完成!

参加してくださったみなさま、ありがとうございました!

玉ねぎの染料を煮詰める野菜の香りと、お鍋でコトコトあったかかった。完成まで3時間かけて、じっくりと染め上がりましたよ!

布をたたんで、挟んで、縛って、染めて。

開くまで、どんな柄になるか全然予想つかず、開いたときの感動が想像以上でした!

てまひまかけて作ったものは、やっぱり愛おしい。便利な時代だからこそ、大事にしたい時間でした。

ものづくり体験のワークショップを通して、

色んな世代の人が集まって話したり、

初めて見る道具に触れたり、

染めの工程を学んだり、

片付けを率先して始めたり、

皆んなのために出来る事をやったり、

流れている音楽に反応したり、

テーブルの配置はこれがいい、あれがいいって、

出来上がった作品が綺麗で、かっこよくて驚いたり、

「体験」からたくさんの学びがありました。

これからも、イロイロリビングでは面白いワークショップの企画を続けていきます。「これ、いいな!」と思うものは、ぜひ参加してみてくださいね。